非現実を味わう空間に生まれ変わる赤坂出張マッサージ

赤坂の特徴について

東京都港区赤坂は、港区と千代田区との境にある町で、
各種放送局や芸能事務所などの本社がある地として有名です。

何故この地が赤坂と呼ばれるようになったのかは諸説あります。
一番有名な説は、近くに赤土の坂があったから赤坂となったという説ですが、
それ以外にも江戸時代に建てられた江戸城の門が名前の由来になったという説、
近くに赤根山と呼ばれる場所があり、そこへの坂だったから赤根山の赤と坂をとって
赤坂となった説など様々な説があります。

この赤坂地区で一番の名所といえば、赤坂サカスです。
赤坂サカスにはTBS本社をはじめとして各種の施設があり、
赤坂の一大名所となっています。
それ以外にも各種音楽会社の本社や拠点、
ゲームで有名なコナミの本社など数々の会社が本拠地を構えています。
また、アメリカの大使館とカナダの大使館も赤坂にあります。

この赤坂は、主に飲食店が出店しているエリアと住宅街エリア、
そして企業拠点エリアに分かれています。
赤坂通りの近くには大量のマンション邸宅が立ちのぼり、
赤坂サカス近辺とは違った顔を見せています。

それ以外のエリアでは飲食店が多いです。
なので赤坂では食べる場所に困る事はありません。
飲食店の充実ぶりは東京でも屈指といえます。

飲食店と住宅街と企業拠点が融合した町、
それが赤坂なのです。

赤坂の地域の感想

赤坂と言って思い出すのは、テレビ局TBSがあることです。
赤坂5丁目ミニマラソンで坂を駆け上るシーンを思い出します。
1回だけ1階のグッズショップを見に行ったことがあります。
TBS関連では赤坂サカスや赤坂ブリッツも思い出します。
あとは、行ったことが無いですが、赤坂は焼肉屋さんが多く、韓流スターがよく通うイメージもあります。
氷川神社も近いです。
外国人に人気のNINJA AKASAKAというレストランもあります。
しかし、わたしにとって赤坂というと赤坂見附です。
以前、近くで働いていた時期があり、仕事の帰りに歩いて赤坂見附まで行き、飲み会に参加したり、カフェでお茶したりしました。
赤坂見附からは橋を渡るとホテル・ニューオータニがあり、オー・バカナルというフレンチレストランを利用したことがあります。大学の謝恩会もニューオータニで行われました。
また、ニューオータニの隣りにあった赤坂プリンスホテルが無くなる前には、仕事帰りにたまに寄っていました。
敷地内においしいパン屋さんがあり、少しだけイートイン・コーナーがあったので一人で食べて帰るのに便利でした。
入ったことはないのですが、赤坂プリンスホテルの隣りにあった旧館は以前は旧朝鮮王室の邸宅だったようです。
気品あふれるレトロな建物で、絵になりました。
こちらは一時、仮の場所に移されていますが、有形文化財なので、ビルが新しく建った際にはまた利用されるのだと思います。

ホームに戻る